読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲酒運転

こんばんは、「こめ」です。

今日も一日お疲れ様です。

 

予告通り、「飲酒運転」について

お話ししようと思います。

 

みなさんご存知だと思いますが、

飲酒運転って絶対しちゃダメですよね?

法律で禁止されていますし、

もし破ると重い罰が科せられます。

 

酒気帯び運転には2種類あり、

1つ目は、アルコール量が0.15~0.25mgが検出されると、

違反点数は13点、3年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

もう1つは、アルコール量が0.25mg以上検出されると、

違反点数は25点、3年以下の懲役または50万円以下の罰金になります。

 

0.15~0.25mg検出されると、免許停止となります。

期間は90日です。

0.25mg以上検出されると、一発で免許取り消しです。

取り消しになった日から、2年間免許を取ることが出来ません。

ここでいうアルコール量とは、

呼気に含まれているアルコール量の事です。

たまーに家の近くでも検問が行われていて、

おそらく飲酒運転の取り締まりかと思われます。

 

また、アルコール量に関係なく、

酒に酔った状態で正常な運転が

出来ない恐れがあるとき(酒酔い運転)をすると

違反点数は35点、5年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。

 

酒酔い運転をすると、もちろん免許は取り消し、

3年間免許を取ることが出来なくなります。

 

 

これを見ると、多くの人は恐ろしいと思うでしょう。

これは、日本での話です。

 

 

では、、、海外の飲酒運転に関する法律は

どうなっているでしょうか?

 

例えば、中国では、酒気帯び運転の場合、

200~500元(約2600~6700円)の罰金、免許停止が1~3ヵ月です。

酒酔い運転の場合、5日以下の拘留、2000元(約26700円)の罰金、

免許停止が6ヵ月です。

日本に比べてかなり軽い罰と考えられます。

罰金が低額に思えるのは、所得の問題だと考えられます。

 

ロシアも、1000~2000ルーブル(約3000~6000円)の罰金または

1年間の免許停止と、比較的軽い罰になっています。

 

これらの国に対し、罰が非常に厳しい国もあります。

例えば、フランスは16000フラン(約135万円)の罰金に加え、

最大で一生免許停止になってしまいます。

ブルガリアエルサルバドルは死刑、銃殺です。

また、マレーシアは本人だけでなく、

配偶者も投獄されてしまいます。

他にもアメリカも再犯を防ぐために、

段階的に刑が重くなるように定めています。

 

日本は一部の国を除き、ほかの国に比べて刑が軽いですよね。

だから飲酒運転はなくならないんだと思いますね。

飲酒運転が原因の死亡事故も起きています

もっと刑罰を重く定めるべきだと自分は思います。

 

 

ちなみになんですけど、世界の飲酒運転の罰則には

ちょっと変わったユニークなのもあります。

 

オーストラリアでは飲酒運転をすると、

自費で「私は飲酒運転で捕まった。」と

新聞に広告を出さないといけないそうです。

 

トルコでは車で遠いところまで連れていかれ、

酔いが覚めるように徒歩で帰らされるそうで、、、

その距離は32キロメートル。

関空の連絡橋が4キロメートル程度なので、

往復3.5回分ってことです。きついですね。

 

オーストラリアやトルコのような罰も

飲酒運転を減らすには良いかもしれませんねw

「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな。」

これ間違いないですよね。

みなさんも飲酒運転、しないようにしましょうね。

 

 

と、このへんで終わろうかと思います。

では、おやすみなさい。。。